日本共産党 参議院議員 党副委員長
山下よしき

プロフィール

山下芳生やましたよしき

参議院議員
日本共産党副委員長

1960年(昭和35年)香川県生まれ。
家族:妻と三男。
座右の銘:あったかい人間の連帯を国の政治に
趣味:山歩き。落語。歌、料理
著書:「新しい道を刻む」、
   「地方政治─今日の課題と日本共産党(共著)」

経歴

1978年 県立善通寺第一高校卒業
1982年 国立鳥取大学農業工学科卒業
大阪かわち市民生協(現パルコープ)入職
1984年 日本民主青年同盟の専従者となる
1994年 日本共産党大阪府副委員長
1995年 参院大阪選挙区で初当選(35歳)。
同年発生した阪神・淡路大震災の
被災者支援立法実現に全力
1998年 党参院国会対策委員長。
1期6年間で法案提出23件。発言109回。
2001年 参院大阪選挙区で惨敗
党リストラ反対・雇用を守る闘争本部事務局長と
して全国の職場、地域をまわる
2007年 参議院議員に比例代表選挙で再選
2期目の質問回数は全議員でトップ
2011年 参議院議員に比例代表選挙で3選
2014年 党書記局長
野党共闘の実現に奔走
2016年 党副委員長
2019年 参議院議員に4選。
党建設責任者として、つよく大きな党づくりに
奮闘中
大好評配信中!
キッチンで政治を語る
よしキッチン